ペットとのより良い関係を作り上げていく
お手伝いが出来る動物病院でありたい

地域密着型の医療をお届けします

症状別治療方針:軟部外科

犬の乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍は雌犬で一般的に認められ、発生年齢の中央値は10〜11歳であり、良性:悪性の比率は概ね1:1だと言われていますが、小型犬のほうが大型犬に比べて良性の比率が高い事が報告されています。
乳腺腫瘍の発生はホルモン依存性です。ホルモン依存性とは、卵巣の摘出(卵巣ホルモンの分泌を無くす事)によって乳腺腫瘍の発生が抑えられることを意味します。統計的には、未避妊犬は避妊犬に比べて7倍乳腺腫瘍の発生率が高いと報告され、また避妊手術の時期によって乳腺腫瘍の発生率は異なり、初回発情前で0.05%、初回発情後で8%、2回目発情後で26%と報告されており、より若齢での避妊手術が推奨されます。
乳腺腫瘍の臨床徴候として、乳腺内に単一または多発性に結節を認めます。犬の乳腺腫瘍の約65~70%が第4、第5乳腺に発生すると報告されています。また、悪性(乳腺癌)の遠隔転移部位として、肺と内外腸骨リンパ節、胸骨リンパ節、肝臓、まれに骨に転移をします。
悪性腫瘍の中で、まれに特に悪性度が高く炎症性乳癌と言われる、急速増大し複数の乳腺に浸潤し、硬性、熱感、浮腫、紅斑、疼痛を特徴とするタイプが発生することがあります。
治療は、乳腺腫瘍が良性であるか悪性であるかは切除後の病理組織検査で確定する必要があることもあり、基本的には外科的な腫瘍の切除になりますが、炎症性乳癌は手術の適応にはなりません。すでに遠隔転移がある場合であっても、生活の質の向上の為に切除手術を行う場合もあります。腫瘍の臨床徴候や年齢、併発疾患の有無を考慮し、①腫瘤摘出術、②単一乳腺切除術、③領域乳腺切除術、④片側・両側乳腺全切除術などの術式を選択します。一般的に①や②は傷口が小さいのが利点ですが、悪性腫瘍の場合に局所再発の可能性が高いのが欠点です。④は乳腺を片側ないし全て取り除くので新たな腫瘍の発生を予防する効果もあるのが利点ですが、皮膚欠損が大きくなるのが欠点です。また、避妊手術を併せて実施することもありますが、多くの報告では避妊手術を同時に行っても生存期間や腫瘍再発までの期間に差が見られないとされています。
このような事から手術については、飼い主様と術式について利点・欠点を十分相談させていただいてから実施させていただきます。
腫瘍の大きさは重要な予後因子であり、例えば腫瘍の直径3cm以下(22ヶ月)では直径3cm以上(14ヶ月)よりも有意に生存期間が長かったと報告されています。また、リンパ節転移のある犬の80%が6ヶ月以内に再発し、対照的にリンパ節転移のない乳腺癌(肉腫を除く)の手術後再発率は30%以下であったとの報告があります。さらに、炎症性乳癌では緩和的治療を行った犬の生存期間中央値が25日であったとの報告があります。

表:犬の乳腺腫瘍ステージ分類

臨床ステージ
T1 N0 M0
T2 N0 M0
T3 N0 M0
Any T N1 M0
Any T Any N M1
T 原発腫瘍の最大直径
T1 <3cm
T2 3~5cm
T3 >5cm
N 領域リンパ節の状態
N0 転移なし
N1 転移あり
M 遠隔転移
M0 遠隔転移あり
M1 遠隔転移なし
犬の乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍

診療時間

048-838-1060

月、火、木~土
午前   9~12時
午後   16~19時


午前   10~12時
午後   13時~16時

祝日
午前   9~12時
午後   休診

日曜、祝日午後
休診

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町4-11-12 タバタビルディング1F

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカード種類

各種保険取扱いについて
アイペット窓口精算対応可能

アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

ライフメイト動物病院グループ
BreederONE